BRAND

これがモーターサイクルの歴史。
現存する世界最古のモーターサイクルブランド、プジョー。

フランスの発明家「ルイ・ギヨーム・ペロー」が開発した世界で最初のモーターサイクルが、
1873年ウイーン万博で発表された。
そして1898年、プジョー初のモーターサイクルが生まれる。
それから120年。伝統は受け継がれ、ライオンマークは世界中に広まっている。

1810年にはプジョーブランドの創立

1810

プジョーブランドの創立

ジャン=ピエール・プジョーが、プジョー家を工業へと転身させたまさにその人物である。父の営む製粉業ではなく、織物業に転じ、オリジナルの方法をもって工業化に取り組んだ。息子のジャン=ピエール二世とジャン=フレデリックらによってPeugeot Frères Aînés et Jacques Maillard-Salins(プジョー兄弟とジャック・マイヤール・サランの会社)を創立した。

1890年には蒸気を動力とした三輪自動車誕生

1890

蒸気を動力とした三輪自動車誕生

アルマン・プジョーがパリの万国博覧会にて「プジョー」のブランド名を始めて冠した蒸気を動力とする三輪の自動車を披露した。

1898年には三輪自動車を発売

1898

三輪自動車を発売

ディオン・エンジンを搭載した三輪の自動車を発売。

1907年にはマン島での勝利

1907

マン島での勝利

マン島ツーリストトロフィの2気筒クラスでレム・ファウラーの駆る、プジョー製エンジンを載せたノートンが勝利をおさめる。

1914年には世界最高速記録を樹立

1914

世界最高速記録を樹立

レース用オートバイの生産にも力を注ぐプジョー。この年、時速122.49kmの世界最高速記録を樹立しています。

1934年にはさまざまなレースでの勝利

1934

さまざまなレースでの勝利

P515グランスポーツ500ccはボルドールでの耐久レースでは2800km以上もの走行、平均最高速118km以上を記録。やツール・ド・フランスなどでも勝利をおさめ、3つの世界記録を樹立している。

1953年には初のスクーターが登場

1953

初のスクーターが登場

プジョー203(自動車)を想起させる、パネル化されたボディ、トランクを前面に装備した、プジョー初のスクーター「S55」が登場。

1997年にはスピードファイト登場

1997

スピードファイト登場

シングルアームサスペンションを採用したスポーツモデル、スピードファイトが登場。スポーツスクーター市場を席巻。

2014年には伝説のSシリーズの復刻

2014

伝説のSシリーズの復刻

50年代に登場した、プジョー初のスクーター「S55」「S57」にインスパイアを受けた新しいスクーター「ジャンゴ」の発売を開始。スタイリッシュで新しいモビリティの可能性を広げた。