独創と情熱の210年

プジョー
独創と情熱の210年


今から二世紀以上も前の1810年。プジョーブランドの象徴でもある「ライオン」マークを掲げた製品が、世に送り出されました。
その後、プジョーの製品はさまざまな分野に広がっていきます。
工具、コーヒーミル、ペッパーミル、自転車、自動車、そしてモーターサイクル。
いずれも独創的かつ優れた品質で人々に愛された製品たちです。

1810年
プジョーのはじまり

1810年、フランス東部のエリモンクールを拠点に、ジャン=ピエール・プジョー、ジャン=フレデリック・プジョー兄弟による家族経営の製鉄業として、プジョーはスタートしました。最高品質を示す「ライオン」マークを掲げた工具類や、傘、クリノリン、コーヒーミル、自転車など、鉄を材料としたさまざまな製品をつくりました。

1890年
世界初の量産四輪車

1889年パリ万国博覧会で、「プジョー」の名を冠した最初の自動車を披露。この三輪自動車は蒸気を動力としていました。翌1890年には、ダイムラー製ガソリンエンジンを搭載した四輪自動車「Type 2」を製造。プジョーは、世界に先駆け四輪自動車の量産を開始したのです。

1898年
最初のモーターサイクル

プジョーモトシクルは、現存する世界最古のモーターサイクルブランドです。1898年第1回パリ・モーターショーで、ド・ディオン・ブートン・エンジンを搭載したプジョー最初のモーターサイクルを発表。後輪部分にエンジンをマウントする、斬新な車体構造でした。

1907年
スピードへの情熱

プジョーは、モータースポーツにも果敢に挑戦します。現在でも公道レースの最高峰と言われるマン島ツーリストトロフィの第1回大会(1907年)において、プジョー製Vツインエンジンを搭載したノートンが勝利。1934年には、ボルドールでの耐久レースにおいて「P515」が、2,000kmおよび3,000kmの平均最高速度、24時間走行の平均最高速度、という3つの世界記録を樹立しました。

1953年
移動の自由を誰にでも

第二次大戦後には女性の社会進出が進み、手ごろな交通手段としてのスクーターが世界的なブームとなりました。1953年に登場した「S55」は、フロントのトランクとキャリアや快適なダブルシートが特徴で、ヨーロッパ市場で大いに人気を博しました。






2020年

プジョーが210年の間こだわり続けてきたものづくりへの情熱は、これからも変わることはありません。
プジョーブランドを愛してくださる全ての方に、感情を揺り動かす体験をお届けします。


プジョー 210年の歴史が凝縮されたマスターピース

ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション